ウィルパートナー司法書士事務所、山本税理士事務所など共同運営

受付時間
平日9:00~19:00
土曜・日曜・祝日も相談OK

お気軽にお問合せ・ご相談ください

06-7777-3812

遺言書の作成【遺言書記載例付!】

遺言書作成を考えている方の多くが、

  • 法的に有効な遺言書どうやって作成するの
  • プロが作った遺言書のひな型手に入れたい

とお困りのことと思います。

この記事では、遺産分割協議書とは何か、どのように作成するか、どんなことに注意するかを詳しく解説しています。ひな形も付いているので、参考にしてください。この記事を読めば、遺産分割のトラブルや手間を回避できることでしょう。

遺言書作成を考えている方に対して、
相続遺言書作成専門とする司法書士による
無料相談を実施しております。

遺言書の作成遺言書記載例付!】

  • 遺言書はなぜ必要

  • 遺言書の種類特徴

  • 遺言書の記載例

  • 遺言書の作成におけるサポートサービス紹介

遺言書はなぜ必要

遺言書とは、自分の死後に財産や家族の面倒などをどうするかを決める文書です。遺言書がないと、法律によって決められた相続人が財産を分け合うことになりますが、これは必ずしも自分の意思や家族の幸せに沿ったものではありません。遺言書を作ることで、自分の意志を明確にし、家族や親族のトラブルを防ぐことができます。

遺言書を作るには、自筆証書遺言や公正証書遺言などの方法がありますが、どれも一定の要件を満たさなければ無効になります。また、遺言書は自分の生前に何度でも変更することができますが、最新のものが有効になります。したがって、遺言書を作る際には、専門家のアドバイスを受けたり、適切な保管場所を選んだりすることが重要です。

遺言書は自分の死後に大切な人たちに対する最後のメッセージです。自分の意思を尊重してもらいたいと思うなら、遺言書を作ることを検討してみてください。

遺言書の種類特徴

遺言書とは、死後に自分の財産や家族などに関する意思を表明する文書です。遺言書には、法律で定められたいくつかの種類があります。それぞれに特徴やメリット、デメリットがありますので、自分の状況や目的に合わせて選ぶことが大切です。

一般的によく知られている遺言書の種類は、次の3つです。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言
自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、自分で手書きで作成する遺言書です。日付と氏名を記入し、署名と押印をする必要があります。自筆証書遺言の特徴は、手軽に作成できることです。また、内容も自由に記述できます。しかし、自筆証書遺言のデメリットは、法律的な知識がないと誤りや不備が生じる可能性が高いことです。また、保管や発見にも注意が必要です。自筆証書遺言は、死後に裁判所で検認手続きを行う必要がありましたが、法改正がなされ、平成31年1月13日より、法務局に自筆証書遺言を保管することにより、死後に裁判所での検認手続きを行う必要はなくなりました。

公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証人によって作成される遺言書です。公証人役場で自分の意思を口述し、公証人がそれを文書化します。その後、公証人と2人以上の証人の立会いのもとで署名押印します。公正証書遺言の特徴は、法的な効力が高いことです。公証人が内容を確認し、誤りや不備がないことを保証します。また、公証人役場で保管されるため、紛失や改ざんの心配がありません。しかし、公正証書遺言のデメリットは、費用がかかることです。公証人への報酬や証人2人への日当などが必要です。また、内容もある程度決まった形式に沿わなければなりません。公正証書遺言は、死後に検認手続きを行う必要はありません。

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、自分で作成した文書を封筒に入れて公証人に預ける遺言書です。文書は手書きでも印刷でも構いませんが、日付と氏名を記入し、署名押印する必要があります。封筒にも氏名を記入し、封印します。その後、公証人と2人以上の証人の立会いのもとで預けます。秘密証書遺言の特徴は、内容を秘密にできることです。文書は開封されずに保管されるため、他人に知られたくない内容を記述できます。しかし、公正証書遺言と同様に公証人への報酬や証人2人への日当が必要です。また、法的に有効でない遺言になる可能性が高く、専門家としてお勧めしない遺言書作成方式となります。

以上が、遺言書の種類と特徴についての説明です。自分の財産や家族などに関する意思を確実に実現するためには、適切な遺言書を作成することが重要です。自分の状況や目的に合わせて、最適な遺言書を選ぶようにしましょう。

遺言書の記載例

遺言書を作成する際には、法律上の要件を満たす必要があります。しかし、遺言書の内容や形式は自由に決めることができます。遺言書のひな型をダウンロードして、自分の意思に沿った遺言書を作成しましょう。

遺言書のひな型とは、遺言書の基本的な構成や記載事項を示した文書です。遺言書のひな型を利用することで、遺言書の作成が簡単になります。また、遺言書のひな型は、自筆証書遺言や公正証書遺言に対応しています。

遺言書のひな型をダウンロードするには、以下のリンクをクリックしてください。ダウンロードしたファイルを開いて、必要な情報を入力してください。

お急ぎの方はお電話でお問合せ下さい。

06-7777-3812

営業時間:9:00〜21:00
土日・夜間の相談OK(※土日・夜間の相談は事前予約制です)

遺言書作成を司法書士に依頼するメリットは?

遺言書は、自分の死後に財産や家族のことをどうしたいかを明確にする重要な文書です。しかし、遺言書を自分で作成すると、法律上の不備や曖昧さが生じる可能性があります。そのため、遺言書作成には専門家の助けが必要です。

司法書士に遺言書作成を依頼することで、自分の意思を確実に実現し、相続トラブルを防ぐことができます。司法書士は、遺言書作成に関する相談や見積もりを無料で行っていますので、気軽にお問い合わせください。

  • 1

    遺言書の内容や形式に関する正確なアドバイスを行います。

  • 2

    遺言書の作成から公正証書遺言の登録まで、一貫したサポートを行います。

  • 3

    ご希望により自筆証書遺言を公正証書遺言への変換を行います。

  • 遺言書の保管や管理に関する正確なアドバイスを行います。

  • 遺言執行者の選任や相続手続きの代行も行います。

遺言書作成により、相続人間のトラブルを回避できたケースも・・・

当センターのご相談者さまの中には、司法書士にご相談いただけたことで、相続人間のトラブルを回避できた方もいらっしゃいます。

お急ぎの方はお電話でお問合せ下さい。

06-7777-3812

営業時間:9:00〜21:00
土日・夜間の相談OK(※土日・夜間の相談は事前予約制です)

お客さまの声

安価な料金で専門性の高い遺言書を作成

大阪府東大阪市Tさま

私は長年、遺言書を作成したいと思っていましたが、どうすればいいのかわからず、悩んでいました。そんなとき、インターネットで司法書士の先生を見つけて、相談に行きました。先生は私の状況や希望を丁寧に聞いてくださり、適切なアドバイスをしてくださいました。また、遺言書の作成手続きも安価のご料金で進めてくださり、安心して任せることができました。遺言書が完成したときは、ほっとしましたし、感動しました。先生には本当に感謝しています。これからもお世話になります。

遺言書作成をお考えの方は、以下のページで当社サービスをご紹介しておりますので、ぜひアクセスしてみてください。

相続遺言書作成の専門の司法書士が担当します!

遺言書作成のご相談者さまへ

遺言書は、あなたの財産や家族に対する想いを正しく伝えるために大切なものです。しかし、遺言書の作成には法律的な知識や手続きが必要です。間違った遺言書は、あなたの意思を反映しないだけでなく、家族間のトラブルや紛争の原因になることもあります。そこで、遺言書作成には、専門家である司法書士に依頼することをおすすめします。司法書士は、あなたの状況や希望に合わせて、最適な遺言書を作成してくれます。また、遺言書の保管や公正証書化などの手続きも代行してくれます。司法書士に依頼すれば、安心して遺言書を作成することができます。ぜひ、お近くの司法書士にご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
06-7777-3812
営業時間
9:00〜19:00【全国対応】
定休日

土日祝も相談できます。

お電話いただければ、時間外や土日祝日も含め、柔軟にご相談に応じております。お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

06-7777-3812

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

相続遺言サポートセンター

住所

〒552-0007
大阪市港区弁天1丁目2番1号
大阪ベイタワーオフィス1401号室

アクセス

JR大阪環状線・大阪メトロ中央線「弁天町」駅直結

受付時間

9:00〜19:00【全国対応】

定休日

土日祝も相談できます。